UCL-Japan Youth Challengeとは

一目で分かるUCL-Japan Youth Challenge

プログラム開始年

プログラム開催回数

2015–2023年

2020–2022年の3年間はオンライン開催

開催地

  1. 英国立教学院

  2. ケンブリッジ大学

  3. UCL

2015年のプログラム開始以来、日本と英国の参加者を数百名受け入れています

総参加者数

英国側参加者

日本側参加者

(2015–2023年の参加者)

UCL-Japan Youth Challengeとは

UCL-Japan Youth Challenge 2023 participants in front of UCL main building

UCLメインビルディング前に集まるUCL-Japan Youth Challenge 2023参加者

UCL-Japan Youth Challengeは2015年に開始した日本と英国の高校生を対象としたサマースクールプログラムです。

毎年夏、日英の高校生が様々な教育活動とイベントを通して文化交流することを主な目的とし、世界を先導するロンドン大学UCL(University College London、ユニバーシティー・カレッジ・ロンドン)ケンブリッジ大学で開催しています。

UCL-Japan Youth Challengeの目的

World map

グローバルな視点で社会問題に興味をもつ

University style lectures

世界トップクラスの大学の講師陣による講義を体験する

Path to world leading universities

将来世界トップクラスの大学進学への道が開ける

Creative thinking

英語をコミュニケーションツールとして使う

Brainstorming

英国の生徒・学生との意見交換を行う

Problem solving

自立・自主性の確立、挑戦するマインドの構築

プログラム開催地

UCL-Japan Youth Challengeはサマースクールプログラムとしては珍しく3都市に渡って開催しており、日英の高校生の文化交流の機会としても好評を得ております。

英国現地開催プログラムの流れ

Day 0

第0日

到着日・移動日

日本側参加者のみ対象

ロンドン・ヒースロー空港到着後、立教英国学院に移動、立教英国学院の寮に前泊

Day 1

第1日

立教英国学院

(Rikkyo School in England)

ウェスト・サセックス

全員参加

プログラム初日、立教英国学院で参加者全員がウェルカムイベントに参加

Days 2 & 3

第2・3日

ケンブリッジ大学

(University of Cambridge)

ケンブリッジ

(宿泊無しの英国側参加者はオプション参加)

Days 4–8

第4–8日

UCL

ロンドン

全員参加

(宿泊無しの英国側参加者はDay 8が最終日)

Day 9

第9日

日本帰国日

日本側参加者のみ対象

ロンドン・ヒースロー空港に移動、午後・夕方の航空便をご利用の場合はウィンザー城観光(日本側参加者のみ対象)後に空港まで移動

(宿泊する英国側参加者はDay 9が最終日・帰宅日)

英国現地開催の場合、日本側参加者はプログラム初日「Day 0」にロンドン・ヒースロー空港に到着後、立教英国学院に移動し、2日目「Day 1」のプログラム開始に備えて前泊します。英国側参加者は上記プログラム日程の2日目「Day 1」から参加します。

 

英国と日本の時差の関係上、日本帰国はプログラム最終日「Day 9」の翌日となります。

UCLと日本の繋がり

160年以上前の1863年と1865年、長州藩(現在の山口県)と薩摩藩(現在の鹿児島県と宮崎県南西部の一部)から日本人初の留学生がUCLで学びました。

UCLへの留学後、帰国した二組は日本の近代化において主導的な役割を果たしました。

書家前田鎌利作ロゴ

UCL-Japan Youth ChallengeのロゴはUCL-Japan Youth Challenge 2018のプログラム期間中に書家前田鎌利によって作成されました。

UCL-Japan Youth Challenge 2018 - Japanese calligraphy artist Mr Kamari Maeda created our logo
UCL-Japan Youth Challenge 2018 - Japanese calligraphy artist Mr Kamari Maeda created our logo
UCL-Japan Youth Challenge 2018 - Japanese calligraphy artist Mr Kamari Maeda created our logo
UCL-Japan Youth Challenge 2018 - Japanese calligraphy artist Mr Kamari Maeda created our logo

人名表記の順番

UCL-Japan Youth Challengeでは一律、「名→姓」、「First name → Surname」の人名表記の順番を採用しております。

2019年の文化庁の呼びかけにより、日本の名前を「姓→名」の表記にする申し合わせがありましたが、UCL-Japan Youth Challengeは英国の習慣に基づいたプログラム内容を提供しておりますので、「名→姓」に統一した人名表記をUCL-Japan Youth Challenge参加者に経験いただきます。

UCL Front Quad and Portico viewed from Gower Street

Gower Streetから見たUCL Front QuadとPortico

© 2009 Media Services (Mary Hinkley)

This summer school programme is organised by the UCL-Japan Youth Challenge Committee.

Chair: Prof Shin-ichi Ohnuma, UCL Institute of Ophthalmology

本サマースクールプログラムはUCL-Japan Youth Challenge実行委員会によって開催されています。

実行委員長:大沼信一教授、UCL Institute of Ophthalmology

Committee members (in alphabetical order by first name):

実行委員(英語表記、名アルファベット順)

Dr Anawat Suppasri, Arisa Shimada, Ayato Yamazaki, Emiko Asagoshi, Prof Hidekazu Kurebayashi, Hideyuki Miyahara, Kaito Mizukoshi, Kentaro Kimura, Makoto Yoshida, Manaka Abe, Dr Masako Shimato, Dr Masashi Matsunaga, Dr Masazumi Tada, Dr Miwako Kitamura, Moeno Sugiyama, Momo Sakai, Nanako Takaba, Risa Hanai, Seitaro Taketani, Sumire Kaimori, Wataru Tage, Dr Yasu Takeuchi, Dr Yoshiyuki Yamamoto, Yu Hosomi, Yuta Nagano

The UCL-Japan Youth Challenge Committee are most grateful for our partners, collaborators, sponsors and supporters.

We would be unable to hold the UCL-Japan Youth Challenge summer school programme without their generous commitment.

共催者・コラボレーター・スポンサー・サポーターの企業・団体・個人のみなさまには平素よりUCL-Japan Youth Challenge実行委員会への多大なるご支援・ご協力を賜り厚く御礼申し上げます。

今後もUCL-Japan Youth Challengeサマースクールプログラム内容の充実を図り、日英の高校生が様々な教育活動とイベントを通して文化交流する機会の促進に努めてまります。

引き続きプログラムの発展にご理解とご賛同をいただき、ご支援・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

Japan Foundation
Rikkyo School in England
Rikkyo School in England
UK Japan Institute
UK Japan Institute
Shimizu Corporation
清水建設
Mitsubishi Electric Building Solutions Corporation
Mitsubishi Electric Building Solutions Corporation
The Great Britain Sasakawa Foundation
The Great Britain Sasakawa Foundation
The Daiwa Anglo-Japanese Foundation
The Daiwa Anglo-Japanese Foundation
Japan Association in the UK
Biospire
Biospire
Fukushima Prefecture
Fukushima-15 Project
Daishichi Sake Brewery
Kashiwaya
Apollo Gas
Apollo Gas
Kagoshima Prefecture
Tohoku University International Research Institute of Disaster Science (IRIDeS)
Tohoku University International Research Institute of Disaster Science (IRIDeS)
Mitoco Kawachi Corporation
The Japanese Women's Association in Great Britain
APRIO TECHNOLOGIES LIMITED
Ajinomoto Co., Inc.
Ajinomoto Co., Inc.
Sugoi Fusion
Clearspring
Sun Chlorella Corporation
Embassy of Japan in the UK
Embassy of Japan in the UK
JSPS London
UCL Grand Challenges
コンテンツへスキップ