メディア

プログラム名

UCL-Japan Youth Challenge

 

2015年に「UCL-Japan Young Challenge」として開始、2017年に「UCL-Japan Youth Challenge」に改称。

プログラム要約

UCL-Japan Youth Challengeは英国と日本の高校生を対象としたサマースクールプログラムです。毎年夏、日英の高校生が様々な教育活動とイベントを通して文化交流することを主な目的とし、世界を先導するロンドン大学UCL(University College London)とケンブリッジ大学で開催しています。本プログラムは近代日本の礎を築き上げた長州五傑が1863年、薩摩学生が1865年にUCLで学んだ150周年を記念して、2015年に開始しました。

データ

2015年

テーマ:In the Footsteps of the Pioneers: New Pioneers in Dialogue

参加者:85名(日本の高等学校9校から51名、英国から34名)

 

2016年

テーマ:Facing Disasters: International Disaster Management and Humanitarian Responses

参加者:49名(日本の高等学校9校から28名、英国から21名)

 

2017年

テーマ:Social and Business Entrepreneurship: How to Improve Our Society

参加者:66名(日本の高等学校12校から41名、英国から25名)

 

2018年

テーマ:Our Life in an Ageing Society: How the Young Generation Solves Various Problems Associated with Ageing

参加者:76名(日本の高等学校12校から43名、英国から33名)

 

2019年

テーマ:Accessibility for All: Sports, AI and Robotics

参加者:91名(日本の高等学校16校から52名、英国から39名)

 

2020年

テーマ:COVID-19 and Beyond

参加者:46名(日本の高等学校12校から35名、英国から11名)

 

2021年

テーマ:Art and Design for Sustainable Future

ロゴ

書家前田鎌利作(2018年)

 

クリックしてダウンロード

JPG

黒、背景白

UCL-Japan Youth Challenge

PNG

黒、背景白

UCL-Japan Youth Challenge

PNG

黒、背景透明

UCL-Japan Youth Challenge

PNG

白、背景透明

UCL-Japan Youth Challenge
Skip to content