スポンサー・サポーター

主催者

本サマースクールプログラムはUCL-Japan Youth Challenge実行委員会によって開催されています。

実行委員長:大沼信一教授、UCL Institute of Ophthalmology

実行委員(英語表記、名アルファベット順)

Dr Anawat Suppasri, Ayato Yamazaki, Emiko Asagoshi, Prof Hidekazu Kurebayashi, Hideyuki Miyahara, Kaito Mizukoshi, Kentaro Kimura, Makoto Yoshida, Manaka Abe, Dr Masako Shimato, Dr Masashi Matsunaga, Dr Masazumi Tada, Dr Miwako Kitamura, Moeno Sugiyama, Momo Sakai, Nanako Takaba, Risa Hanai, Seitaro Taketani, Sumire Kaimori, Wataru Tage, Dr Yasu Takeuchi, Dr Yoshiyuki Yamamoto, Yu Hosomi, Yuta Nagano

共催

UCL-Japan Youth Challengeは以下の共催者と共同でプログラムを開催しております。

Japan Foundation
Rikkyo School in England
UK Japan Institute

コラボレーション

UCL-Japan Youth Challengeは以下のコラボレーターのご支援によりプログラムを企画・運営しております。

清水建設

清水建設株式会社

コーポレートメッセージ:子どもたちに誇れるしごとを。

清水建設株式会社は、1804(文化元)年創業の大手総合建設会社です。

SDGs達成に向けた取り組みと大胆なイノベーションを通して社会の期待を超える価値を創造し、持続可能な未来づくりに貢献していきます。

一つひとつのしごとに情熱を注ぎ、子どもたち、さらにその先の子どもたちの時代に価値ある建造物や事業を築いていく。それが私たちシミズの「子どもたちに誇れるしごと」です。

UCL Grand Challenges

スポンサー・サポーター

UCL-Japan Youth Challengeは毎年数多くの企業・団体・個人のみなさまにご支援いただいております。

UCL-Japan Youth Challenge 2020

(該当なし)

清水建設
Shimizu Corporation
UCL Grand Challenges
清水建設
Shimizu Corporation
UCL Grand Challenges
Shimizu Corporation
清水建設
The Great Britain Sasakawa Foundation
The Great Britain Sasakawa Foundation
Fukushima Prefecture
Kagoshima Prefecture
London Borough of Camden
Tohoku University
Tohoku University
Tohoku University International Research Institute of Disaster Science (IRIDeS)
Tohoku University International Research Institute of Disaster Science (IRIDeS)
Fukushima College
Daishichi Sake Brewery
Kashiwaya
Fukushima-15 Project
Mitoco Kawachi Corporation
UCL Grand Challenges

UCL-Japan Youth Challenge 2024にご支援いただける企業・団体・個人を募集しております。

Shimizu Corporation
清水建設
Biospire
Biospire
Fukushima Prefecture
Kagoshima Prefecture
Fukushima-15 Project
Mitoco Kawachi Corporation
The Japanese Women's Association in Great Britain
APRIO TECHNOLOGIES LIMITED
UCL Grand Challenges

ご支援のお願い

UCL-Japan Youth Challenge実行委員会は本プログラム発展のため、企業・団体・個人のみなさまからのご支援をお願いしております。

寄附金は本プログラムの運営・実施を財政的に支援する目的の経費に充てられます。

ご支援をご検討いただける場合は、お問い合わせページからお問い合わせください。

コンテンツへスキップ