Manabu Ikeda  池田 学

東京大学・大阪大学で学位取得(人類学・医学)後、ケンブリッジ大学をはじめとする複数の大学にて研究を行い現在は熊本大学の客員教授および大阪大学で教授の職につく。

高次脳機能とその神経基盤の関連を研究する神経心理学を専門に臨床研究を進め、特に認知症における記憶や情動、幻覚、妄想などの神経基盤について研究を重ねる。また、愛媛大学においては、中山町研究と呼ばれている認知症の縦断的疫学研究を立ち上げ、熊本大学においては、認知症の熊本モデルと呼ばれている認知症疾患医療センターを中心とする認知症医療システムを発展させてきた。現職では人材育成の強化、女性医師の労働環境作りなどにも力を入れている。 (Medical Noteより引用)

Contact: 

Hideyuki Miyahara, General Coordinator

email: hmiyahara@japanatuk.com

Noticed anything

about our website?

© 2019 by UCL-Japan Youth Challenge Organizing Committee.