Shinichi Iwamoto 岩本慎一

・1991 Began working for Shimadzu

             Developed functional near-infrared spectroscopy and its application                as a member of development team of biometric instrument

・2003 Transferred to Koichi Takana Mass Spectrometry Research Laboratory

             Dealt with component technology development and applied research                  as an establishing member of the laboratory

・2014年 Promotion to deputy director at Koichi Takana Mass Spectrometry                          Research Laboratory

 

Current research interest include component technology development for new mass spectrometry, development of methodology for microbial analysis, and bio marking technology for cancer and Alzheimer's disease.

・1991年 株式会社島津製作所に入社。

 生体計測の研究開発チームにて、近赤外脳機能計測装置の開発や応用研究を行った

・2003年 田中耕一記念質量分析研究所の設立と同時に異動、

 主にMALDI-MSの要素技術開発、応用研究開発に携わった。

・2014年 同 田中耕一記念質量分析研究所 副所長に就任し、現在に至る

 

現在のテーマは、新しい質量分析装置に関する要素技術開発、微生物分析の手法開発、がんやアルツハイマー病の疾患バイオマーカーに関する研究開発などである。

Contact: 

Hideyuki Miyahara, General Coordinator

email: hmiyahara@japanatuk.com

Noticed anything

about our website?

© 2019 by UCL-Japan Youth Challenge Organizing Committee.